義援金についてお知らせとご依頼

 既にご承知の通り、大分県では頻発する自然災害により各地で多くの被害が発生し、被災された方々は、今も復興に向け苦慮されています。

 当教区においても被災された方々の一助となるよう平成28年には「熊本地震災害義援金」、そして、本年は「九州北部豪雨災害義援金」をご依頼し、お陰さまで教区内をはじめ全国のご寺院ご門徒の方々より温かいご懇念をお寄せいただき、被災された皆様に義援金をお届けすることができております。ご協力いただきました皆様に厚く御礼申しあげます。

 さて、その様な状況の中、先般917日には「台風18号」の接近により県南地域では河川の氾濫や土砂崩れ等、新たな災害が発生し、当宗派ご寺院並びにも門徒を含め多くの有縁の方々が被災されました。また、同地域には豊後大野市朝地町もあり、今年5月に発生した大規模な地割れへの影響が心配されたことでした。そこには、当宗派ご門徒9世帯が現在も一部避難生活をおくられている状況でもあります。

 これらの被災への対応を行うため、昨日「大分教区災害対策委員会」を開催し、現在ご依頼しております「熊本地震災害義援金」並びに「九州北部豪雨災害義援金」についての受付を9月末にて終了し、同一口座にて102日より「台風18号災害並びに豊後大野市朝地町地割れ災害義援金」の受付を開始することが決定されました。

 ついては、引き続き重ねての義援金のお願いとなり誠に恐縮に存じますが、被災された方々の一助となりますよう何卒ご協力賜りますようお願い申しあげます。

 ついては、引き続き重ねての義援金のお願いとなり誠に恐縮に存じますが、被災された方々の一助となりますよう何卒ご協力賜りますようお願い申しあげます。


 
 

【大分教区義援金受付先】
1,義援金名称  「台風18号災害並びに豊後大野市朝地町地割れ災害義援金」
2,募集期間     平成29年10月2日(月)から当分の間
3,募集方法     (1)か(2)のいずれかでお願いいたします

     (1)ゆうちょ銀行へ振り込み    口座番号:01970-4-39172    
           加入者名:大分教区教務所    
     通信欄に 「台風18号・朝地町地割れ義援金」とご記入ください    
     (2)現金書留か直接教務所へご納入