強化団体のご紹介

  大分教区仏教壮年会連盟

スローガン 朋友の輪を拡げ いのちかがやく世界を
活動方針 (1)「親鸞聖人750回大遠忌についての消息」を体し、仏教壮年としての新たな始まりとして自主・自営の活動を進め、組織の充実発展に向けた具体的な取り組みを進める。

(2)「仏教壮年会連盟 綱領」の精神に沿って、宗門の基幹運動(門信徒会運動・同朋運動)を、一層強力に推進する中核として積極的な活動を展開する。
重点目標 (1)親鸞聖人750回大遠忌法要並びに第20回全国仏教壮年大会へ積極的に参加する。

(2)単位会・組連盟結成を促進する。

(3)仏壮理事・仏壮担当者による仏壮活動を積極的に推進する。

(4)人権・環境をはじめとする社会問題に取り組み、いのちの尊厳をまもる。
事業計画 1.生活実践
(1)青少年・幼年の育成につとめる
*少年教化活動を奨励し、キッズサンガ活動計画・実施に参画する。

(2)家族みんなで朝夕勤行と浄土真宗聖典を拝読しよう。

(3)寺院行事へ積極的に参加し、聞法の座を重ねよう。

(4)ご本尊「いちょう」「きく」を子や孫に送り、信仰ある生活の確立をめざす。

(5)寺院での初参式・成人式・仏前結婚式の奨励。

2.組織強化
(1)全組に組連盟を結成・充実をはかろう。

(2)単位会を結成し、仏教壮年会連盟への登録を推進しよう。

(3)若年会員の教化育成と幹部後継者の養成。

3.研修
(1)全組で「壮年の集い」を開催する。

(2)幹部養成研修会の充実。

4.広報活動
(1)「朋友−浄土真宗入門のてびき−」を活用しよう。

(2)機関紙「朋友」を単位会へ配布する。

(3)「浄土真宗聖典」・「季刊せいてん」・「本願寺新報」・「大乗」・「おおいた法の海」を購読促進する。

(4)教区仏壮だより「朋友おおいた」発刊。