強化団体のご紹介

  大分教区仏教婦人会連盟

スローガン 念仏に生かされるよろこびを行動へ
活動方針 宗門の基幹運動(門信徒会運動・同朋運動)の理念に基づき、御同朋の社会をめざし、積極的に現実の課題に取り組む。

<基幹運動とは、すべての人々が一人ひとりの苦悩に共感し、社会の現実に向きあってあゆむことで、ともにかがやくことのできる社会の実現をめざす運動です>
重点目標 (1) 聞法につとめ、念仏のよろこびを伝えていく。
(2) 現実の社会問題である平和・差別・環境問題に積極的に取り組む。
(3)『親鸞聖人750回大遠忌』法要に参拝する。
事業計画 (1)組 織 強 化
A全組連盟・単位会の結成と登録を促進する。
B組仏婦連盟の中に若婦人の部門を設け、組連盟の強化をはかる。

(2)研     修
A仏教婦人聞法の集い−総会−
B仏教若婦人聞法の集い
C仏教婦人一泊研修会
D教区内各ブロック(3組合同)「婦人の集い」

(3)会     議
A評議員会
B委員会
C若婦代表者会
D会計監査会

(4)伝道・広報活動
A「めぐみ」購読促進(各単位会10冊以上の購読)し、ともに聞法・学習する。
B各単位会における恵信尼さま顕彰奨励(毎月4月25日・「平和の日」)
Cダーナ(独自活動「車椅子をおくる運動」)・ビハーラ・使用済み切手収集活動の推進/飢える子どもをなくす運動、災害対策に協力する。
D初参式・成人式・仏前結婚式〔教区内寺院ご門徒で仏前結婚式を行った新夫婦(家庭)にお名号(ご本尊)をおくる〕の実施促進。
E青幼少年の育成〈子ども会(土曜・日曜学校)の開設、海外交流、キッズサンガへの参画〉